アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

本日も冷たい雨が降っています。11月、12月ってこんなに雨が降ったっけ?という感じですが株式市場は注目されたOPEC(石油輸出国機構)総会での減産合意が伝えられて高くなりそうです。為替が大きく円安になっており、米国の利上げを織り込んでいるのでしょうが、素直に円安を好感して堅調な展開となりそうです。

目先的な過熱感が強いので少しは休んで欲しいのですが、そうなると上昇が止まりません。一昨年の12月の時のような感じです。先日テレビでも一昨年の値動きをイメージしておいても良いかな?と言ったのですが、日経平均の水準が大きく違っていますが、値動きのパターンとすれば同じような感じではないかと思います。そうなると先物・オプションSQ(特別清算指数)の直前まで上昇が続くということになりそうで、いったん下落が始まると急落となるというパターンではないかと思います。

米国株は冴えない動きですが為替が大きく円安に振れたことから買い先行となりそうです。夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物が18,600円を超えて買われており、買い戻しを急ぐ動きなどもあって大きな上昇となりそうです。ただ、目先的な過熱感も強く、買い一巡後もしっかりと買いが継続するかどうかというところが注目されます。ここからは米国の経済指標で利上げが取りざたされても織り込み済みということになりそうですし、空売りがどの程度踏みあげられるかどうかということで相場の方向が決まりそうです。

18,000円どろろか、18,500円をあっさりと超えてきそうな勢いです。為替が円安となったことから水準訂正となって来そうです。18,500円を超えたところでいったん利益確定売りが嵩むというような展開になるかどうかというところです。当面は18,000円水準はキープしそうな感じです。

本日の投資戦略

米国の利上げはほぼ確定的となった感じです。注目されたOPEC(石油輸出国機構)総会で原油の減産が合意されて原油価格が急騰、米消費者物価指数も期待通りの上昇、雇用指標も改善しているということで利上げは織り込んでいるということになりそうです。ここからさらに米国での「業績相場」となるかどうかということなのですが、いったんは調整となっても良いと思います。

日経平均先物が夜間取引で大きく買われており、空売りが積み上がっている相場で一気に買い戻しを急がせることもありそうです。買い戻しが一巡となってくれば相場も落ち着くのでしょうが、空売りが多いうちは「下がれば買い」ということで値持ちの良い展開が続くのだと思います。それでも日柄調整も見られると思われ、上がっていない銘柄を物色することになりそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)