海外生活,老後,ランキング
(写真=Thinkstock/Getty Images)

「国際定年インデックス2017」が発表され、老後を楽しむのにベストな3カ国にメキシコ、パナマ、エクアドルが選ばれた。

アジア地域からはマレーシアがトップ10入りを果たしたほか、タイ、カンボジア、フィリピンの4カ国がトップ20入り。いずれも年金制度や医療制度が整っているうえに物価も低く、年金生活者が充実した生活を送れる環境が魅力的だ。

このランキングは海外生活情報サイト「インターナショナル・リビング」が、世界25カ国の「年金生活者の暮らしやすさ」を順位づけしたものだ。住居費・福祉制度・生活費・現地への馴染みやすさ・娯楽・医療制度・インフラ・気候に加え、移住ビザや永住権の取得しやすさも評価項目となっている。

総体的に気候が穏やかで自然に恵まれた国が多く、首位のメキシコは大半の項目で90点以上を獲得している。このランキングで最も意外に思えるのは、メキシコを始め治安の悪いイメージの強い中南米の国が多数ランクインしている点だ。

ホンジュラスなどは殺人犯罪率が2011年のピーク時には10万人につき86.5件(米国務省データ)と、世界最悪レベルの数字を記録している。2014年には66.4件にまで減っているものの安全とはいいがたい。メキシコも同様だ。

評価項目に「治安」が見当たらないが、インターナショナル・リビングは「安全な国を前提にランキングを作成した」としているため、国によっても治安のよい地域のみに絞ったということだろうか。日本が対象国となっていないのが残念だ。

年金生活者が暮らしやすい20カ国

20位 ドミニカ共和国(北米)78.1
19位 フィリピン(東南亜)78.2
18位 ボリビア(南米)78.9
17位 カンボジア(東南亜)79.5
16位 フランス(西欧州)80.0
14位 ベリーズ(中米)80.2
14位 ペルー(南米)80.2
13位 イタリア(南欧州)80.5
11位 タイ(東南亜)81.0
11位 ホンジュラス(中米)81.0

10位 マルタ(南欧州)81.7
9位 ポルトガル(西欧州)83.1
8位 ニカラグア(中米)83.6
7位 スペイン(西欧州)84.8
6位 マレーシア(東南亜)87.0
5位 コロンビア(南米)87.7
4位 コスタリカ(中米)87.9
3位 エクアドル(南米)90.7
2位 パナマ(中米)90・8
1位 メキシコ(北米)90.9

(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)