富裕層,オーストラリア,移住
(写真=Thinkstock/Getty Images)

2016年、世界のミリオネア(資産額1億ドル/約113億2400万円)の移住先として最も人気のあった国はオーストラリアだったことが、国際資産調査会社、New World Wealthのデータから判明した。

気候のよさ、高水準な医療・教育システムのほか、特に中小企業に優しいビジネス環境に惹かれ、1万1000人(前年比3000人増)が移住。特に中国やインドの富裕層の間で人気が高まっているそうだ。

カナダも人気急浮上 中国人富裕層はバンクーバーへ

昨年9月には経済成長予想を下方修正するなど、長年維持してきたトリプルAの信用格付けを失う懸念が浮上しているオーストラリア。成長速度に鈍りは見られるものの実質GDP成長率は安定して伸びており、経済成長を続けている国にしては稀なほど公的債務残高が低い。

特にメルボルンを中心とした大都市では外資系企業の誘致にも積極的で、地理的にも成長中のアジア圏での事業展開を目指す企業にとっては恰好の突破口になる。

財務的な安定に加え、生活しやすい環境も富裕層を魅了している。欧米諸国で政治・経済情勢で不透明感の増している近年、子供から大人まで太陽の光を思う存分浴びながら安心して暮らせるという点で、富裕層間でもオーストラリアへの関心が高まったようだ。

同じくカナダ人気も急浮上。昨年は8000人のミリオネアを受けいれた。中国人富裕層はバンクーバー、欧州富裕層はトロントやモントリオールに移り住む傾向が強い。

一方富裕層の移住先として定番だった米英人気には、若干の陰りがさしている。米国への昨年のミリオネア移住数は1万人。しかし依然として人気は高く、New World Wealthも「米政権交代がミリオネアの移住計画に影響をおよぼす可能性は低い」とし、今後も米移住人気は継続すると見ている。

欧米や中近東は経済・政治情勢が不安定なうえ、難民問題やテロ活動が深刻化している。そうした観点から、移住を望むミリオネアの数は今後減少して行く可能性が否めない。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)

【あわせて読みたい 「富裕層」記事】
富裕層がおこなう様々な「節税手法」 孫の養子化、税逃れ商品……
1000万円以上預けると優遇を受けられるプレミアムバンクの比較
トランプ政権誕生で米富裕層が海外移住?人気の3大都市
「富裕層」って一体どういう人たちなのか?
「富裕層に愛される車」の新顔、高級ピックアップトラック