シンガポール移住,生活費
(写真=PIXTA)

米著名投資家のジム・ロジャース氏が子供の教育を考慮し、英語と中国語が学べる環境から移住先に選んだのがシンガポールだった。東京23区ほどの面積しかない東南アジアの小国だが、アジアの金融センターとして確固たる地位を築き、世界銀行によると2015年の1人当たりのGDPは5万2888ドルに達し、日本(3万2477ドル)との差を広げ、アジアで最もリッチな国となった。

富裕層が集まるシンガポールに移住して暮らすには、どのくらいの生活費がかかるのだろうか。

不動産ブーム終焉? 値下がり傾向でも東京より割高

移住にあたっては、もっとも気がかりなのが現地の住宅事情だろう。今やシンガポールのアイコンともなったホテル、マリーナベイ・サンズなど開発ブームに沸いたシンガポールだが、足元では勢いに陰りも見え始めている。

金融セクターを中心とした成長とともに、右肩上がりを続けてきた住宅価格だが、2016年7-9月期の民間住宅価格指数が前期比1.5%減と、7年ぶりの大幅な落ち込みを記録。09年にシンガポール政府が導入した不動産抑制措置などを受け、同指数は12四半期連続で低下している。このうち、一等地の集合住宅価格は1.8%減、郊外と一等地エリア付近はそれぞれ1.2%、1.3%の減少となった。

住宅価格の減少トレンドは、これから移住を考える人にとっては朗報となるが、そもそもの標準的な住宅価格を抑えてく必要がある。日本不動産研究所がまとめた国際不動産価格賃料指数の16年4月のデータによると、東京港区麻生にある高級マンションの分譲価格を100とした場合、シンガポールは119.6と2割増し程の水準だ。さらに賃貸となると、その差は拡大し、東京の100に対し、シンガポール137.6となる。移住の際には、賃貸ではなく分譲住宅を購入することも東京の水準と比較して住居費を抑える選択肢として考えることも必要だろう。

電気代は割高、水道代は割安

住居に続いて気になるのが、月々の光熱費などコスト。生活スタイルや家族構成などで各家庭の光熱費は千差万別だが、熱帯雨林気候に属し、常夏で蒸し暑いシンガポールでは、エアコンが年中必要不可欠。シンガポールに移住したファイナンシャル・プランナーの花輪陽子氏のブログでは、エアコン4台の使用により、電気代は日本より割高になったが、ガス代や水道代は比較的安いと紹介している。

割高とされる電気料金だが、シンガポール政府は、2018年にも電力小売市場の自由化を目指しており、利用者による電力小売会社の選択によって電気料金が下がる効果が期待される。

インターナショナルスクールは超高額

移住に際して子供を連れる場合は、教育環境や教育費も要チェック項目となる。OECDの2015年国際学習到達度調査(PISA)では、シンガポールは科学的応用力、読解力、数学的応用力の3部門でトップとなり、世界で最も優れた成績を上げた。教育水準は折り紙つきだが、気がかりなのがその費用だ。

世界中からバンカーや投資家が集まるシンガポールで、国際的な環境を子供に与えるべく、インターナショナルスクールに通わせようとすると、桁違いの費用がかかる。小学校から高校までをインターナショナルスクールに通うと、その費用は40万米ドルに上るとされる。さすがにそんな高額な教育費は負担できないという世帯には、現地の日本人学校に通わせることも選択肢に入る。小学校では、授業料と施設費が月額690シンガポールドル、中学校は同765シンガポールドルとなり、費用の負担はそれほど大きくはない。

中国語、英語、マレー語、タミル語と4つの公用語をもつシンガポールで、子供が小さいころから英語や中国語に触れさせるため、現地の学校に通うのも可能だ。学費は、外務省の「諸外国・地域の学校情報」によれば、帯同査証保持者や永住権保持者など滞在資格で異なるが、前者の場合、小学校にあたるプライマリースクールの授業料は500シンガポールドル、セカンダリースクールが650シンガポールドル、プレユニバーシティが1000シンガポールとなる。後者の滞在資格では、それぞれ90シンガポールドル、120シンガポールドル、160シンガポールドルとなる。

自由診療制、私立病院は高額に

最後に押さえておきたいのが医療コスト。健康保険制度で運営する日本の医療は、保険診療ではどこの病院に行っても治療費は一律となる一方、シンガポールは自由診療制度を採用しており、病院や医師によって料金が異なってくる。

サービスや施設がより充実した私立病院の料金は、公立病院より高く設定されている場合が多い。公立病院は日本の総合病院と類似の仕組みで、検査、治療、入院などをすべて同じ病院で完結させることができる。シンガポールの医療水準は高く評価されるが、特に私立病院での治療にかかる医療費は日本と比較してもかなり高額となるので注意が必要だ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)