今年も連休はじめの4月29、30日に「ニコニコ超会議」が開催される。マスコミも取材に殺到し、大いに盛り上がりを見せることは確実だか、いまだに知る人ぞ知るイベントでもある。ニコニコ超会議とは何なのか。なぜ若者が殺到するのか。その人気の秘密と隠された経済効果とは。

そもそもニコニコ超会議とは

ニコニコ動画
(画像=Webサイトより)

ニコニコ動画(ニコ動)はご存じだろう。株式会社ドワンゴが運営している動画共有サイトである。

無料会員5000万人、有料会員数252万人を超えるわが国有数の動画サイトで、ユーザーがさまざまな動画コンテンツをアップロードし、利用者同士でコメントを付けることができるほか、「歌ってみた」「踊ってみた」などの企画に参加しできるなど、さまざまなユーザー参加機能が人気を呼び、一部外野からはオタク文化と揶揄されながらも、巨大な市場を築き上げている。

ニコニコ超会議とは、そのニコ動が企画・運営する年一回のリアルな巨大イベントだ。毎年ゴールデンウィークの数日間、幕張メッセ国際展示場で大々的に開催されてきた。

当初は「ニコニコ大会議」と呼ばれ、ニコ動画の新機能発表会やユーザー参加の音楽イベントが中心だったが、徐々に規模が拡大し、最近では「ニコニコのすべて(だいたい)を地上に再現」をコンセプトに、大相撲幕張巡業を開催したりプロ野球公式戦と連携したりと、幅広いユーザーを巻き込む総合エンタメ・イベントへと発展している。

さらにここ数年は大手企業が次々とスポンサーとなり、新商品の発表やマーケティングの一環として個々に独自のイベントを仕掛けるなど、若者と企業を結ぶ情報の発信地としても勢いを増しつつある。

【関連URL】
民進党結成から1年、支持率上がらない野党第一党の行方 「VR蓮舫」は話題となるか?

大人も子供も楽しめる

昨年の超会議は2016年4月29日、30日(土)に行われた。会場を幕張メッセのすべてのホール(1〜11ホール、幕張イベントホール)に加え、隣接するQVCマリンフィールドを新会場に、より大きなスペースで開催。参加人数はリアル来場者数 15万2561人(昨年比:+1,446人)、ネット来場者数はなんと554万8583人だった。

今年の「ニコニコ超会議2017」では、上記のニコ動に関する幅広いジャンルのイベントに加え、話題のVR技術やロボットなどの最新技術、大相撲、歌舞伎などの伝統文化まで、さまざまなイベントが披露される。

参加者には、体験型のイベントやステージでのライブ、さまざまな展示が用意され、さらに広い会場の各エリアはゲーム実況、アニメ、囲碁・将棋、歌舞伎公演、プロ野球の公式戦など、子供から大人まで幅広く楽しめるブースが用意されている。

今年の「ニコニコ超会議2017」も、大盛況となることは確実だろう。

【参考URL】
http://www.chokaigi.jp/

またこの大イベントに特徴的なのが、協賛や後援にビッグネームが勢揃いしている点だ。超特別協賛はNTT、一般の協賛企業にはネット企業は当然のこと、金融、商社、映画、テレビ、航空などの大企業がずらりと並び、後援は政府、行政各省、地方自治体など、まさにカオス、百花繚乱の賑わいである。政治からビジネスまで、いま「ニコニコ超会議」にはさまざまな方面から熱い視線が注がれているのだ。

入場券は「1日券」が前売り1500円、当日2000円。2日通し券は前売2500円となっている。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)