民進党は2017年3月27日に結党以来丸1年を迎えた。民主党と維新の党などが合流しての結党時、衆議院議員96人、参議院議員60名の計156人、代表は民主党出身の岡田克也衆議院議員だった。9月の代表選には岡田氏は出馬せず、1年たった今、代表は蓮舫氏が務めている。最近では蓮舫代表に国会の場で追及される体験ができるという「VR蓮舫」なるサービスを発表するなど話題を振りまいているが、野党第一党ながら支持率が10%を超えることはほとんどなく、存在感をまったく示せていない。

1年間の主要選挙の結果

民進党,蓮舫
(画像=Webサイトより)

結党後、初の国政選挙は2016年4月の衆院補選だ。北海道第5区(北海道5区)、京都府第3区(京都3区)で行われ、1勝1敗に終わった。京都3区は自民党宮崎謙介議員の不倫・辞職に伴うもので、共産党が候補者を取り下げたことにより民進党が圧勝。北海道5区はもともと自民党の地盤であり、亡くなった自民党町村信孝議員の弔い合戦という意味合いもあるため、自民党圧勝が予想されていた。しかし、共産党を含む野党統一候補の池田真紀が47.62%の得票率で約1万2000票差まで追い詰めたことで、負けはしたが野党協力の成果は大きく評価された。

2016年7月には参議院議員選挙が行われ、選挙区21人、比例区11人が当選した。民主党時代の前回参院選では17議席しか獲得できなかったのに比べ15議席増やしたが、改選議員数47には届かなかった。さらに、与党の参議院議席数3分の2獲得阻止を実現できなかったことで、岡田代表の責任論が浮上。

7月31日には東京都知事選挙もあった。舛添都知事の公私混同批判による突然の辞任よるもので、各政党とも候補者選びに難航した。民進党は最後まで候補者を絞り込めず、ぎりぎりになってジャーナリストの鳥越俊太郎氏を擁立、共産党の協力も取り付けたが惨敗してしまった。

蓮舫代表就任後も支持率が上がらず、低迷が続いている

参院選での野党勢力拡大の失敗や都知事選での惨敗を受け、批判を受けた岡田代表は9月16日に行われる結党後初の代表選挙出馬を断念した。選挙には蓮舫参議院議員、前原誠司衆議院議員、玉木雄一郎衆議院議員が出馬、その結果蓮舫が勝利、代表に就任した。

政党支持率は結党時は9.1%あったものが2017年1月には8.7%、3月7.6%(NHK文化放送研究所政治意識月例調査2016年版および2017年版)と漸減傾向にある。好材料もある。それが森友問題で、マスコミの調査によると1ポイント程度支持率がアップしているとの報道もある(2017年3月17日読売新聞)。ここでしっかりと存在感を示せるか、蓮舫体制は重要に局面に差しかかっている。

ニコニコ超会議出品の「VR蓮舫」とは?

民進党によると、「VR蓮舫」では、参加者がゴーグルをつけ、国会の場に立つ総理大臣として国会審議を体験する。蓮舫代表に追及されながらも平常心を保てるかどうかを競うものだという。

これは4月29日、30日に開催される「ニコニコ超会議2017」のPRコンテストに出品されたサービス。投票形式で人気を競い、優勝するとニコニコ動画内に広告枠(1000万円相当)が与えられるという。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)