8月21~25日の東京株式市場はもみあいとなった。
北朝鮮をめぐる地政学リスクの高まりや、トランプ米大統領がメキシコ国境での壁について「政府閉鎖となっても建設する」と発言したことから、リスクオフのムードが広がった。日経平均株価は1万9300~1万9500円台でのレンジで推移した。

一方、為替市場では円が米ドルに対して1ドル=108~109円台まで上昇している。先に述べた地政学リスクや米政権問題に加え、円高進行で輸出企業の採算が悪化する懸念もあって市場参加者も積極的に仕掛けにくい状況にあるようだ。

東証マザーズ「週間出来高」ランキング

(写真=Webサイトより)
(写真=Webサイトより)

それでは今回は東証マザーズ市場の「週間出来高」ランキングを見てみよう。

(1)Aiming <3911> 832円 +47.26% 6128万8100株
(2)インフォテリア <3853> 1490円 +1.64% 5024万0500株
(3)ソレイジア・ファーマ <4597> 350円 -1.69% 3100万1900株
(4)アンジェス <4563> 671円 +2.91% 1956万7800株
(5)ジーエヌアイグループ <2160> 497円 -1.00% 1611万株
(6)総医研ホールディングス <2385> 428円 +10.31% 1070万7200株
(7)サイバーステップ <3810> 2898円 -8.29% 471万3000株
(8)ASJ <2351> 2489円 +13.65% 428万2600株
(9)アクセルマーク <3624> 1836円 -10.48% 414万5500株
(10)日本アセットマーケティング <8922> 127円 +3.25% 393万6100株
※銘柄、証券コード、25日終値、騰落率、出来高。データはヤフーファイナンスに基づく。

21~25日の東証マザーズ指数は1090ポイント前後で推移。東証1部と同様に全体相場としては動意に乏しく、個別物色の動きが目立つ。そうした中で上記ランキングを業種別に見ると情報・通信業が5銘柄と全体の半分を占めている。次いで医薬品が3銘柄、不動産、サービスが各1銘柄となっている。

Aiming、新作ゲームへの思惑で出来高が急増

今回は上記ランキングからAiming、総医研ホールディングス、ASJを取り上げる。

Aimingは東京都渋谷区に本社を置くスマートフォン向けゲームの配信・制作会社。

同社は18日、新作MMORPG「CARAVAN STORIES(キャラバンストーリーズ)」の事前登録を開始したと発表した。株式市場では、この発表を手掛かりに同社の出来高が膨らみ、今回のランキングで1位となった。

キャラバンストーリーズは2016年夏のAimingのイベントでプロジェクトとして明らかになった大型ゲームで、今年5月に公式インターネットサイトが開設された。他のプレイヤーと同期しながら楽しめるゲームで、高品質なグラフィックを売りにしている。

総医研ホールディングス、好業績期待で買い膨らむ

総医研ホールディングスは大阪府豊中市に本社を置き、健康補助食品や化粧品を手掛けるベンチャー企業。

同社が15日に発表した2017年6月期の連結営業利益が前期比45%増の2億6400万円となった。加えて2018年6月期予想については約5割増の4億円となる見通しも明らかにされた。市場では同社の発表を好感し、出来高も膨らんだ。

2017年6月期は健康補助食品事業において定期購入顧客が増加したほか、疲労回復のニーズが高い夏場に合わせた広告宣伝活動が効果を上げたという。ヘルスケアサポート事業も増収増益。化粧品は卸売部門でフェイシャルマッサージ用ゲル「PHマッサージゲルPro.」のヒットが寄与したことなどにより増収となったものの、一時の品薄状態を踏まえて取引先が在庫を増やしたのが響き、減益となった。

ASJ、クラウドサービス技術の商標登録に関する思惑拡大

ASJは埼玉県川口市に本社を置き、サーバーホスティングなどを手掛けるIT企業。

21~25日の5営業日でASJの株価は+13.65%上昇し、今回の出来高ランキングで8位となった。背景には同社のクラウドサービス用の技術に関する商標登録が公開されたことで、投資家の思惑買いが広がったと見られる。

ASJの新技術「RNCDDS」は、クラウドサービスを構築するために利用される主流のストレージサーバと比べて大幅な高速化が可能となり、ハードウェア容量を最大3分の1にする技術。ASJは欧州・米国への積極的展開を視野に入れており、特許協力条約に基づく国際出願を行ったことを既に公表している。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)