ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
見通し・戦略
Written by 羊飼い(ひつじかい) 77記事

井口喜雄氏の相場観

【羊飼いのFX突撃取材】小まめに決済し、回転させるトレードで臨みたい

2017年9月27日13時過ぎに井口喜雄さんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き)

現在の為替相場の傾向や相場観

羊飼いのFX突撃取材,為替見通し
(写真=PIXTA)

昨日のイエレンFRB議長の発言で「物価の伸び鈍化は一時的」という内容があった。つまり、利上げに対する前向きなスタンスは継続と捉えられ、9月初めには30%だった利上げ確率が今回80%台を超える結果となった。

過去をみるとイエレンFRB議長が利上げに踏み切った際、いつもこの利上げ確率が80%台となっていたため、これは一つの物差しとなり得る。一方、日銀の黒田総裁からは出口戦略の話題が出ないことで、日米、つまり米ドル/円の場合、ドル強気スタンスと考えている。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円の日足チャートをみると200日移動平均線を上回り、7月の高値114円台も視野に入ってきた。ただし、200日移動平均線をしっかり超えてきたわけではないので、この移動平均線付近での攻防の可能性も捨てきれないことや、北朝鮮リスクも不透明であることから、一時的な円高に見舞われることがあるかもしれない。そのため、米ドル/円やクロス円ロングの場合は、小まめに決済し、回転させるトレードで臨みたい。

井口喜雄
トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、ディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、ドル円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズからみた為替分析に精通してるほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。月刊 FX攻略.comで「現役為替ディーラーが本音で語る”Dealer’s EYE”」を連載中。

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)

【羊飼いのFX突撃取材】小まめに決済し、回転させるトレードで臨みたい
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 【羊飼いのFX突撃取材】ユーロ/英ポンドは戻り売り狙い
NEXT 「ミサイル慣れ」した株式市場、米国の反応は?