昨日の海外時間には、米長期金利が上昇したことから円売りが強まりました。

昨日の海外市場

FXプライム,高野やすのり,市況解説
(写真=PIXTA)

欧州時間序盤、独DAX指数が上昇したことと、スペイン・カタルーニャ問題への懸念から独国債利回りが上昇し、米長期金利もつれ高となりました。米長期金利の上昇を受けてドル買いが優勢となってドル円は112.70円台まで上昇し、ユーロドルは1.1730付近まで下落しました。

その後NY時間午前にかけて米長期金利が一段と上昇すると、全般的なドル買いは収まりましたが円売りが強まって、ドル円は113.00円台まで、ユーロ円は133.00円台まで上昇しました。この間ユーロドルは1.1780付近まで反発しています。

NY時間午後にかけて米長期金利がやや低下すると、ドル売りが優勢となってドル円は112.80円台まで下落し、ユーロドルは1.1800台まで上昇幅を拡大しました。

NY株式市場では、NYダウが初めて23,000ドル台に乗せるなど主要3指標が全て史上最高値を更新しました。この動きを受けた日経平均も寄付きから上昇しています。

FF金利先物市場の年内のFOMC追加利上げ織り込み度合いは約93%、2018年6月までの2回目の利上げは約62%とやや低下しています。

今日の予定

今日の海外時間には英・9月小売売上高指数、米・10月フィラデルフィア連銀景況指数、米・新規失業保険申請件数、米・9月景気先行指数の発表のほか、ジョージ・カンザス連銀総裁の講演が予定されています。

今後の見通し

昨日の海外時間には、スペイン・カタルーニャ問題や東アジアの地政学的リスクが燻ぶる中でも、各国株価と国債利回りが上昇、円安の動きとなりました。特にユーロ円は一方的な動きで戻りらしい戻りもなく1円超上昇しました。今日東京時間17時は、スペインがカタルーニャ自治州に対して設定した、独立の正当性に関する主張を撤回する期限です。この時間までに主張を撤回しなかった場合、自治権は停止され、カタルーニャはスペイン政府直轄となる、としています。一方カタルーニャ側は、自治権を停止された場合、一方的に独立を宣言する、としていることから、何等かの混乱が起こる可能性が高くなっています。

そう考えると、昨日は上昇したユーロですが、今日はスペイン情勢がはっきりするまでは動きづらいのではないでしょうか。最終的には大きな混乱にならないとしても、17時前には一旦利食い売りなどでユーロ円が下押しする場面があると予想します。

ドル円押し目買い

その場合、ドル円も一旦つれ安になると考えられますが、米株式市場が堅調さを維持できれば、再びドル円は上昇トレンドに戻ると予想できますので、112.60円付近でドル円の買いポジション構築を目指したいと思います。

(提供:FXプライムbyGMO)

高野やすのり
慶應義塾大学卒。チェース・マンハッタン銀行(現J.P.モルガン・チェース銀行)、スイス・ユニオン銀行(現UBS銀行)などでインターバンクディーラー業務等に従事。現、(株)FXプライムbyGMOチーフストラテジスト。

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
ZUU online8月記事ランキング 丸井は百貨店ではない、300万円超えのスーパーマリオ……
デキるビジネスパーソンは脂を身体に乗せず、仕事に乗せる。(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)