全てのお金持ちが経済的に恵まれた環境で育ったわけではない。Airbnbの共同設立者ブライアン・チェスキー氏、パタゴニア設立者イヴォン・シュイナード氏、米著名女性起業家オプラ・ウィンフリー氏、米不動産王レオン・チャーニー氏など、貧しい境遇から這い上がったビリオネアも多い。

P.L.アダム氏は、起業情報サイト「Entrepreneur」で多数のセルフメイド・ビリオネアと実際に接してきた。その中で学んだ「ゼロから成功するためにビリオネアが用いた戦略」 を見てみよう。

お金持ち,成功,貧乏
(画像=Vytautas Kielaitis / Shutterstock.com)

世界に豊かな価値をもたらすものを創造する

起業するにせよ雇われるにせよ、「世界に価値をもたらすものを創り出す」ことが大きな成功のカギだ。単に商品やサービスを売るだけでは、それなりの成功しか手に入らないだろう。

パタゴニアやブラックダイヤモンドを設立した米著名登山家イヴォン・シュイナード氏は、クライミング用品を軽量化し、機能性や耐久性を向上するという手法で商品に価値を与え、巨額の富を手にした。

裕福な家庭に育ったわけではなく、両親はスペインからカリフォルニアへの移民である。シュイナード 氏は中古の収穫鎌で最初のピトンを作り 、ビジネスとして拡大していった。初期の作業場は両親の家の裏庭だったという。

シュイナード氏の成功は、ゼロから何十億ドルもの富を築いたビリオネアのほんの一例だ。米メディア界の女王、オプラ・ウィンフリー氏は十代で未婚の母親の元に生まれ、親戚の家を転々とする子ども時代を送ったが、メディアという媒体から世界に価値をもたらすことで、世界で6番目に裕福な女性セルフメイド・ビリオネアとなった(フォーブス2018年7月12日データ)。

人々に愛される商品・サービスを作る

消費者に愛される商品やサービスを生み出すことで苦境から這い上がり、自らの地位を築いたセルフメイド・ミリオネアも多い。

米国大手電子たばこ会社Logicの設立者ハワード・ペイン氏は、同社を設立した2010年当時、売上不振で60万ドルの負債を抱え、自宅も抵当に入れていた。しかし電子たばこの需要が急拡大した結果、1年半で売上を1億ドルに伸ばし、2015年7月、日本たばこ産業株式会社の国際部門Japan Tobacco International 社に買収された(Entrepreneu2017年10月27日付記事 )。

ホームレス生活から一転、ビリオネアへの階段を駆け上がったジョン・ポール・デジョリア氏の例もある。息子と車に住んでいたデジョリア氏は 36歳の時、700ドルの借金でヘアケアブランド「ポール・ミッチェル」を立ち上げた。初期は訪問販売をして売上を伸ばしたそうだ。

急成長の産業にいち早く参入する

Airbnbの3人の設立者は全員過去に破産している。ブライアン・チェスキー氏は2.5万ドル、ジョー・ゲビア氏は数万ドルの負債があった(CNBC2017年6月30日付記事 )。

民泊をメインストリームにのし上げたバケーション・レンタルサイト「VRBO」に目をつけた3人は、民泊が急成長中の産業であると気付き、素早くビジネスに転換した。

米大手通信会社Excel Communicationsの設立者ケニー・トラウト氏も、父親がバーテンダーとして生計を立てる貧しい家庭で育った。1988年設立 当時まだ珍しかったネットワークビジネスという事業モデルをいち早く導入し、大成功を収めた。

民泊やテレコムに限らず、どんな分野でも急成長している時に参入することで、ライバルより一足先に成功のチャンスを手にできるかも知れない。

不動産投資で大きく稼ぐ

不動産投資というと、それなりの資金がないと不可能に思えるが、貧困にくじけずこつこつと努力し、先見の明を持って大成功を得ることは可能だ。

移民の両親を持つ米不動産王レオン・チャーニー氏は、貧しい家庭に育った。父親が若くして他界したこともあり、チャーニー氏は苦学生として働きながら法律大学を卒業した。卒業後に立ち上げた小さな法律事務所ではサミー・デイヴィスJr.やジャッキー・マンソンといった著名ミュージシャンやコメディアンを顧客にし、この辺りから徐々に運命が開けていく。

しかし同氏に何十億ドルもの財産をもたらしたのは、不動産投資だ。1980年、ニューヨークのタイムズスクエアにあった古いビルを購入する。当時のタイムズスクエアは犯罪が多く、いかがわしい店が立ち並んでいるなど、けっして良い投資とは思えなかった。しかしやがて観光客で賑わう名所へと変貌を遂げ、この不動産投資がチャーニー氏をビリオネアの座に押し上げた(フォーブス2016年3月24日付記事 )。

セルフメイド・ビリオネアになるための9つの方法・ポイント要

アダム氏はセルフメイド・ビリオネアの体験談を通し、ゼロから成功を目指す上で不可欠な要素として、以下の9項目を挙げている。

1.豊かな精神と自身の着眼点を活用する
2.ビジネス・ネットワーキングを極める
3.失敗の恐怖を克服する
4.時間を効果的に管理する
5.長期的な目標を掲げ、日々それに向かって努力する
6.どんなに過酷な状況でもけっして諦めない
7.近道をしない
8.販売とマーケティングの基本原則を理解する
9.熱意を持って自社ブランドを育てる

起業でビリオネアを目指しているならば、自分がいくつ項目をクリアしているのか、チェックしてみると良いだろう。意外な盲点や弱点に気がつくかも知れない。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)