ミリオネア,投資,貯蓄
(画像=Sergey Nivens/Shutterstock.com)

目次

  1. 資産1億円は夢じゃない
  2. 確定拠出年金でミリオネアになるのも夢ではない
  3. 毎月500ドル投資したら33年後には100万ドルに?
  4. 起業しても40歳までにミリオネアになれるのは1%
  5. 女性の401kミリオネアは過去12年で2倍に
  6. 20代でミリオネアになるためには?
  7. お金を「最終目標」にしない

資産1億円は夢じゃない

経済大国No.1の米国だが、国民の所得格差は年々深刻化している。連邦準備制度理事会(FRB)が2016年、6600人を超える米成人を対象に実施した調査では、44%の人が「突然400ドルを払え、と言われたら払えない。あるいは誰かから借りるか所有物を売ってお金を作る」と答えた。

このような状況では、ほぼ半分の人にとって「ミリオネアは夢のまた夢」のように思えるが、高所得でなくても毎月500ドル投資するだけで、100万ドルを貯めることは可能だという。

普通の人が確定拠出年金(401k)や起業でお金を増やした場合、ミリオネアになるのに何年ぐらいかかるのだろうか。

確定拠出年金でミリオネアになるのも夢ではない

投資信託の販売・運用会社フィデリティ・インベスメンツによると、同社の401kプランを利用して13.3万人のミリオネアが生まれたという。これらのミリオネアの平均年間所得は男性が35.5万ドル、女性が28.8万ドル。男性は平均59.3歳、女性は58.5歳で 100万ドルを達成するそうだ。

しかし「高所得者しか100万ドル貯められない」わけではない。年間所得15万ドル以下でも、定期的な貯蓄と投資を活用して、100万ドルの資産を築きあげた顧客もいる。

低・中所得層のミリオネアは、15万ドル以下の所得のうち、男性は平均22.8%、女性は平均25%(そのうち6.1%は雇用主が負担)を貯蓄に回していた。また男性は貯蓄の76%、女性は77%を株式に投資していたという。低・中所得者が月並みの貯蓄をしていても100万ドルには手が届かないが、人一倍努力することで実現できるという例だ(ビジネス・インサイダー2017年12月1日付)。

毎月500ドル投資したら33年後には100万ドルに?