経済大国No.1の米国だが、所得格差は年々深刻化している。連邦準備制度理事会(FRB)が2016年、6600人を超える米成人を対象に実施した調査では、44%の人が「突然400ドルを払え、と言われたら払えない、あるいは誰かから借りるか所有物を売ってお金を作る」と答えた。

このような状況では、ほぼ半分の人にとって「ミリオネアは夢のまた夢」のように思えるが、高所得でなくても毎月500ドル投資するだけで、100万ドルを貯めることは可能だという。

普通の人が確定拠出年金(401k)や起業でお金を増やした場合、ミリオネアになるのに何年ぐらいかかるのだろう?

高所得は60歳までに「確定拠出年金ミリオネア」に

ミリオネア,投資,貯蓄
(画像=Sergey Nivens/Shutterstock.com)

投資信託の販売・運用会社フィデリティ・インベスメンツによると、同社の401(k)プランを利用して13.3万人のミリオネアが生まれたという。これらのミリオネアの平均年間所得は男性が35.5万ドル、女性が28.8万ドル。男性は平均59.3歳、女性は58.5歳で 100万ドルを達成するそうだ。

しかし「高所得者しか100万ドル貯められない」わけではない。年間所得15万ドル以下でも、定期的な貯蓄と投資を活用して、100万ドルの資産を築きあげた顧客もいる。

低・中所得層のミリオネアは、15万ドル以下の所得のうち、男性は平均22.8%、女性は平均25%(そのうち6.1%は雇用主が負担)を貯蓄に回していた。また男性は貯蓄の76%、女性は77%を株式に投資していたという。低・中所得者が月並みの貯蓄をしていても100万ドルには手が届かないが、人一倍努力することで実現できるという例だ(ビジネス・インサイダー2017年12月1日付記事)。

毎月500ドル投資したら33年後には100万ドルに?

所得よりも毎月の貯蓄金額に焦点を当ててみよう。米ファイナンス・レポーター、エミー・バートン氏 は、「毎月833ドル投資口座に貯蓄すれば、誰でも30年でミリオネアになれる」という。

毎月500ドル投資口座に貯蓄すれば33年 、1000ドルなら25年で100万ドル貯まる。一般的に、定年退職を迎える年齢(米国は67歳)までに100万ドル貯蓄しておくことを推奨する専門家が多いが、貯蓄開始年齢が早ければ早いほど、もっと若くに目標金額を達成できる。

例えば25歳で毎月500ドル 投資すると62歳、1000ドルなら53歳でミリオネアになれる。35歳でも毎月1000ドル投資すれば63歳。45歳でも毎月2333ドル投資できれば、63歳で早期退職可能だ。

ただし、ここまでの話はリターン率が年間7%という想定である。リターン率がもっと低い場合、例えば4%で毎月500ドル投資するとミリオネアになるには51年かかる。6%なら40年、10%なら29年だ(CNBC2017 年9月22日付記事 )。

起業しても40歳までにミリオネアになれるのは1%

起業すれば、地道に貯蓄するよりも早くミリオネアになれるのだろうか?

米国でベストセラーとなった『お金持ちの習慣(Rich Habits)』の著者トーマス・コーリー氏が2004?07年にわたり取材したセルフメイド・ミリオネア177人 のうち、52%が38年、21%が42年、4%が27年かけて100万ドル以上の資産を築いた。起業家の多くが、毎月500ドルを投資口座に入れる人や401(k)を利用した人よりも遅れてミリオネアになるということだ。

40歳までにミリオネアになったのはわずか1%。31歳までに ミリオネアになっていたウォーレン・バフェット氏はこの1%に属する(Investopedia2018年6月13日付記事)。

40〜45歳の間にミリオネアになったのは3%、46〜50歳の間は16%と年齢とともに割合が増え、21%が60歳になってからやっとミリオネアになっている。合計すると80%が50歳を超えてから100万ドルを手にしている。

これらのデータをみても「一夜にしてミリオネアになる」というサクセスストーリーが現実に起こることは稀のようだ。加えてコーリー氏の調査によると、セルフメイド・ミリオネアの27%が成功するまでに少なくとも1回は事業で失敗している (ビジネス・インサイダー2015年3月5日付記事)。

女性の401(k)ミリオネアは過去12年で2倍に

男女の所得差が議論される中、女性にとっては経済的に不利な状況に思える。しかし、調査の対象となった401(k)口座顧客1500万人のうち、過去12年間で女性のミリオネアの割合が2倍に増えているという。

2017年9月のデータによると、フィデリティ・インベスメンツに401(k)口座を持つ顧客1500万人のうち、401(k)で100万ドル以上運用している顧客の20%が女性である。同社のヴァイスプレジデント、ジャンヌ・トンプソン氏は、女性の401(k)が増えたこと、運用する金額が増えたことなどを理由に挙げている。

共働きだけではなく家庭の稼ぎ頭として活躍する女性が増えている背景を考慮すると、こうした変化は不自然ではない。

20代でミリオネアになるためには?

「何十年も待っていられない」という人は、やはり人とは違う努力を強いられる。起業家情報サイト「Entrepreneur」のライター、ティモシー・サイクス氏 は「20代でミリオネアになる方法」として、「ソーシャルライフを犠牲にして、利益を生み出す方法について学ぶ」ことを挙げている。

飲み会やデートなどに自由時間を使う代わりに「今、何が利益を生み出すか?」を調査し、それについて徹底的に学ぶ。学校に通ったり資格を取得する必要はない。サイクス氏いわく「知りたいことはオンラインで何でも調べれる」からだ。あとは実践あるのみ。

ただし「お金を最終目標にすべきではない」という。最高の商品やサービス、アイデアを生み出すことに専念すれば、お金は後から自然とついてくる。本当に100万ドル貯まったら、そこで夢を終わらせるのではなく、「次は1000万ドル」と常に高みを目指す野望が重要だという。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)