電話の受け方やビジネス文書の書き方など、社会人としての基本的なマナーは身に付けているが、事業で成功してお金持ちになるためのマナーを習得している人は、意外と少ないようだ。

5年にわたり、セルフメイド・ミリオネア(親戚がミリオネアではなく、自力でミリオネアになった人)177人について研究した米ベストセラー作家トーマス・コーリー氏や、ビジネスサイトのアドバイスを元に、セルフメイド・ミリオネアが成功するために習得した、社交・ビジネス上のマナーを紹介しよう。

財政的成功の重要ポイント「人間関係」

ビジネスマナー,出世術,ミリオネア
(画像= Gustavo Frazao/Shutterstock.com)

お金持ちになるためのマナーの基本は、目標の達成にプラスに働く人間関係を築く点にある。「人間関係が財政的成功にとって重要な要素」であることは、コーリー氏だけではなく、ヴァージングループの創設者リチャード・ブランソン氏を含む、多数のセルフメイド・ミリオネアが認めている。

様々な人々との出会いを通し、良質な人間関係を築くと同時にネットワークを広げていくことが、未来の大きな成功の基盤となる。

人と接する時、どのように振舞うべきか、どのように特定の物事をすべきかを認識しているかいないかで、大きな商談がまとまったり、流れてしまうかもしれない。コーリー氏は著作『Change Your Habits, Change Your Life』の中で、「セルフメイド・ミリオネアは、自身の成功に役立つ特定のマナーを習得している」と指摘している(インディペンデント2017年12月28日付記事 )。

お礼状を手書きする

メールやSNSで気軽にコミュニケーションがとれる近年、「お礼状」の文化は欧米でも廃れつつある。しかし手書きの文章からは、デジタルにはない人間の温かみや書き手の気持ちが伝わりやすい。

仕事でお世話になった、あるいは迷惑をかけてしまったというシーンで、感謝や謝罪の気持ちを相手に伝えることは、自分の人間性を示す貴重なチャンスだ。

テーブルマナーを習得する

コーリー氏は、「テーブルマナーを知らない人が多い」と指摘している。特に成功者が集う社交の場でマナーを無視した振舞いを見せると、非常識と判断されるだけではなく、相手に不快な思いをさせる恐れがある。「食事中ぐらいは気をぬいても大丈夫」などという考えは捨て、普段のマナーを食事中にも忘れないようにしよう。

しっかりと自己紹介をする

「初めまして」と言うだけでは完璧なマナーではない。自己紹介は第1印象を大きく左右する、重要なコミュニケーションとアピールの機会だ。相手に好印象を与えれるかどうかは、今後の人間関係やビジネスチャンスに影響する。

笑顔で相手の目を見ながらしっかりと自己紹介をし、相手にも質問を投げかけて、自分が相手に興味を持っているとアピール。

人を介して紹介される時はしっかりと背筋を伸ばし、「その他大勢」に埋もれないように気をつけよう。

スウェーデンの若き実業家イブライム・ナジィ氏は、握手の重要性も指摘している。握手が文化の一部である欧米では、役職者や、ビジネスディナーや会合などの主催者でならば、自ら進んで握手を求め、部下に見本を示す必要がある(Gulf Elite )。

「ありがとう」を繰り返さない

感謝の気持ちを相手に伝えたいがために、何度も「ありがとうございます」を繰り返すのは逆効果だ。相手には一度で伝わっている。口にする回数が増えれば増えるほど、「ありがとう」という言葉が本来持つ効果が薄れ、一歩間違えると相手に「役立たずで依存心の強い人間」という印象を与えかねない。

謝罪に関しても同じ効果が当てはまるかもしれない。ペコペコと頭を下げるより、「すみません」と一度だけ謝罪した方が、心から反省していると伝わりやすい。

身だしなみに気を配る

いくら人より仕事ができる自信があっても、だらしのない身なりでは好印象を与えるどころか、成功が遠のくかもしれない。ビジネスシーンでの身だしなみはファッションセンスを誇示するためではなく、自分がどんな人間かをアピールする機会である。また仕事に対する姿勢も反映する。

身だしなみが成功にもたらす効果は、数々の調査で立証されている。職場での服装に気をつかうと、周囲から一目置かれるというのだ。2014年にイェール大学が18〜32歳の男性128人を試験対象にした売買交渉の調査では、服装によって利益に大きな差が見られた。

128人のうちスエット・パンツやサンダルで仕事をしている男性の利益に対し、普通の恰好で仕事をしている男性の利益は2.3倍で、スーツを着て仕事をしている男性の利益は3.0倍だった。

コロンビア・ビジネス・スクールの調査では、身だしなみに気を配っている人ほど、CEOのような大局的な考え方をすることが分かっている。身だしなみに気を配らない人は、些細な物事にこだわる傾向があるという。

調査を行ったマイケル・スレピアン非常勤助教授は、「洗練された身なりをしている人は、自身の影響力を感じる」ため、「細部にこだわらない」と分析している(ビジネス・インサイダー2017年8月5日付記事)。

がむしゃらに仕事に精をだすだけでは、理想の成功は手に入らないかもしれない。成功するためのマナーを習得することは、成功への第1歩だ。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)