日本を代表するベンチャーキャピタルの一つ、SBIインベストメント。その名の通りSBIグループのベンチャーキャピタルだ。同社に新卒で入社し、途中、投資先企業の経営も経験しながら、一貫してベンチャー・スタートアップの経営・支援に関わり続ける田中正人氏に、ベンチャーキャピタリストの仕事、VCの面白さについて聞いた。(取材・濱田 優 ZUU online編集長/写真・森口新太郎)

田中正人(たなか・まさと)
SBIインベストメント投資部 部長。2007年法政大学卒業後、SBIインベストメント入社。ベンチャー投資歴12年の中で数々のIPO企業を輩出してきただけでなく、投資先企業2社で社長、CFOとしてベンチャー経営に参画し、M&AによるEXITを実現した経験も有する。Forbes JAPANの日本版Midas List(最も影響力のあるベンチャー投資家ランキング)では2017年8位、2018年5位に選出された。

大学時代にシリコンバレーでVCと出合い、就活もVCに絞って行った

SBIインベストメント,田中,VC,ベンチャーキャピタリスト,ベンチャーキャピタル
(写真=森口新太郎)

――田中さんがベンチャーキャピタルに入ったのはどういうきっかけ、理由だったのでしょうか?