こんにちは、ZUU online編集部です。

週ごとにZUU online上で人気を集めた「有料会員限定記事」を紹介していきます。最新情報から、ロングヒットまで多くの記事があるので、このランキングを活用して、読み逃しのないようにしていただければ幸いです。(集計期間11月29〜12月5日)

スタンダード会員限定記事

【5位】 副業が実業に・・・!元証券ディーラーが美容室を経営

投資家副業
(画像=subhustle)

「億り人」は投資のスキルを極限までに高めた、いわば“投資の職人”。しかし、彼らは必ずしも投資だけに専念しているわけではなく、副業に手を広げる人が少なくない。億を超える資産を築いた投資家たちは、どんな副業をしているのだろうか。

【4位】過去25年間で約7倍。なぜ、米国株は上がり続けるのか?

#01 過去25年間で約7倍。なぜ、米国株は上がり続けるのか?
(画像=Shutterstock, ZUU online magazine)

圧倒的な強さを見せつける米国株。過去25年間をさかのぼると、NYダウ平均株価が約7倍になったのに対し、日経平均株価はおおむね横ばいの推移だ。「米国株は情報が取りづらい」と、二の足を踏んでいた投資家も無視できないはずだ。なぜ、米国株ばかりが上昇するのか?その真相に迫った。

【3位】ダラ・コスロシャヒ(Uber Technologies, Inc.)「我々はWeWorkとは全く違う」

経営者,uber,ウーバーテクノロジーズ,経営トップ,連載,だら・コスロシャヒ
(画像=Michael Cohen/Getty Images, ZUU online)

「我々はWeWorkとは全く、全く、全く違う」(We are very, very, very different from WeWork)——。コスロシャヒCEOがどう反論しているのかを取り上げつつ、ウーバーの最新戦略について解説する。

【2位】日本のスタートアップ資金調達額が米国の4%に過ぎない理由

Moneylist#19
(画像=森口新太郎撮影,ZUU online)

ドリームインキュベータ執行役員の宮宗孝光さんは、大小さまざまな規模の経営者と数多く触れ合ってきた。宮宗さんだからこそ見える、スタートアップ企業を取り巻く現状とその課題とは?

【1位】値落ちしないナンバーワンは、メルセデスベンツ「ゲレンデ」

カーインベストメント
(画像=Grzegorz Czapski/shutterstock.com,ZUU online)

若者のクルマ離れが指摘されている。今年(2019年)の新成人を対象にソニー損保が行った調査結果では、新成人の運転免許保有率は61.5%、マイカー所有率は16.7%だったという。クルマ離れが続く中で、消費財から資産へと考えを転換してみると‥

プロフェッショナル会員限定記事

【5位】「2年で80億円を集めた」新規開拓の手法とは?【元メリルリンチ×元野村證券トップセールス対談#1】

現役経営者が金融パーソンから受けたい提案とは?
(画像=現役経営者が金融パーソンから受けたい提案とは?)

元野村證券トップセールス冨田和成と、元メリルリンチトップセールスのIFA法人GAIA代表・中桐啓貴氏が、「現役経営者が金融パーソンから受けたい提案とは?」をテーマに対談したオンラインセミナー動画をお届けする。

【4位】これだけ理解しよう!日経新聞マーケット記事の読み方【いま行われている金融緩和の本質とは②】

日経新聞,マーケット記事,読み方
(画像=TimeShops/Shutterstock.com)

金融緩和政策といっても、金利水準がプラスのときと、現在のような超低金利・マイナス金利時代では、その効果は大きく異なります。それについて解説します。

【3位】ミレニアル世代はキャッシュレス社会を望んでいるがクレジットカードの知識不足が明らかに

キャッシュレス先進国,金融インフラ
(画像=PIXTA)

TDバンクの調査によると、ミレニアル世代はクレジット決済を有効に利用できていない。クレジット決済を利用する習慣を築いて、それを維持していくためにミレニアル世代にはしっかりとした指針が必要だとTDバンクは指摘している。

【2位】全損が封じられた今、中小企業オーナーにウケている保険とは?【元野村證券プライベートバンカー対談#3】

【元野村證券プライベートバンカー対談】プライベートバンクは富裕層にどんな提案をしているのか?(3)
(画像=【元野村證券プライベートバンカー対談】プライベートバンクは富裕層にどんな提案をしているのか?(3))

元野村證券最年少プライベートバンカー冨田和成と、元野村證券プライベートバンカーの現役税理士・佐野比呂之氏が、「プライベートバンクは富裕層にどんな提案をしているのか?」をテーマに対談したオンラインセミナー動画をお届けする。

【1位】Q&Aで学ぶ 民法改正で今後起こり得る相続トラブルとその対策❷居住用不動産の贈与の持戻し免除の推定規定編【2】

民法改正,相続対策,アドバイス
(画像=Burdun Iliya/Shutterstock.com)

高齢結婚のため婚姻10年目ですが、妻の老後が心配なので、今のうちに自宅を贈与したいと思っています。この場合、20年経過していないので、やはり持ち戻されてしまうのでしょうか?

ZUU onlineのTwitter

注目の記事は随時、Twitterでも配信中。ZUU onlineアカウントをフォローで人気記事をお見逃しなく! →@ZUU_online