フルッタ

(写真=Thinkstock/Getty Images)

2月10日、フルッタフルッタ <2586> が2015年3月期第三四半期決算を発表した。売上高26億円、営業利益0.5億円、経常利益2億円、四半期純利益1億円となった。同日に2015年3月期通期の業績予想の修正も発表、一部商品の廃棄損及び在庫評価減を計上したことなどにより、粗利率が期初予想を下回ることを受けて、営業利益のみ3億円から1億円に下方修正した。なお、経常利益及び当期純利益においてはデリバティブ評価益及び為替差益を計上するため、期初予想に変更はないとしている。上場後初の決算発表で営業力の下方修正をすることとなった。

WEB通販において、アサイードリンクシリーズ等のNB飲料商品や冷凍フルーツパルプを中心に底堅く推移したが、主力事業であるナショナル・ブランド事業部門において新規取引先や首都圏以外の販路拡大が計画通り進まなかった。

同社では、「食品業界は消費税増税による影響が想定以上に長期化し、円安進行に伴う更なる原材料価格高騰のなか、消費者の節約志向による慎重な購買姿勢が継続し、また、天候不順の影響もあり、厳しい状況が続いた」とみている。

フルッタフルッタは2014年12月17日に上場、主力商品であるアサイーを中心にアマゾンフルーツの販売を行っている。決算発表と共に上場記念株主優待も発表、100株以上300株未満の株主には通常優待に加え上場記念優待品として「1,000円クーポン券」を2枚追加するなど、株式保有数に応じて、通常優待分と同額のクーポン券を記念優待品として贈呈する。

(ZUU online)

【関連記事】
ソフトバンク 四半期利益1兆1,172億円もスプリントに不安残る
高利益率企業、不動産ポータル「楽待」のファーストロジック(6073)新規上場(IPO)
日経新聞や日経各紙(産業・MJ)まで全て利用可?ネット証券は『情報の宝庫』
2015年3月末の“長く持つほど得をする”株主優待銘柄6選!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法