サイバーセキュリティ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

NEC <6701> は3月16日、米サイバー攻撃情報サービス企業の Norse Corporation とサイバーセキュリティ情報分野で提携すると発表した。情報セキュリティ脅威の情報をいち早く取得し、提供を図ることで、NECが従来から提供してきたサイバーセキュリティ総合支援サービスや脅威・脆弱性情報管理ソリューションの強化を図る。

今回の提携は Norse 社が独自に世界中に設置した数百万にのぼるせんさーから、サイバー攻撃を事前に察知して、あらかじめ対策を打つために提供する情報を、NECも取り入れるというもの。情報セキュリティ侵害が起き、損害が生じる前に対策を打つ「プロアクティブサイバーセキュリティ」の提供を目指す。

発表によればNECは「Norseのサービスをサイバーインテリジェンスに組み入れることにより、世界の幅広い攻撃者の行動パターンを分析し攻撃プロセスなどをいち早く検知する情報を提供する」としている。

また、NECの子会社であるインフォセックは、Norse 社と1次代理店契約(全世界対象)を締結し、日本国内とアセアンでサービスの提供を開始する。サイバーインテリジェンス分野での取り組みは、世界各国でも進んでおり、NECはインターポールと連携し、シンガポールにサイバーセキュリティ対策の研究・開発のための施設を作るといった活動にも参画している。

(ZUU online 編集部)

【関連記事】
大塚家具の増配合戦 マネーゲームの先に待ち受けるものは?
ソニー「SmartEyeglass」に込めたものづくり復権への意志
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
「フラット35」11ヵ月ぶり金利引き上げ 意外な時限爆弾はREIT?
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株をa上場前に買う2つの方法