ミドリムシ
(写真=Getty Images)

ミドリムシを活用したベンチャー事業として知られているユーグレナ <2931> は3月25日、同社のミドリムシ製品の販売を手掛けるユーキとアート・コーポレーション(アート)を株式交換により取得すると発表した。ユーグレナの販売を手掛ける両社を子会社化することで、販売網の強化と販売ノウハウの獲得が図られる格好だ。

今回、ユーグレナが取得するユーキとアートの2社は、「ミドリムシのちから」とのブランドでのユーグレナ機能性食品・化粧品等の卸売事業やエステ事業を展開。ユーキがユーグレナ商品のOEM生産を、アートが全国の美容院や歯科医などの販売店舗に供給していた。

2013年5月のユーグレナによる中期経営計画の公表以降、広告宣伝や販売促進活動に取り組む一方で、OEM先をグループに取り込む垂直統合をめざすM&Aが検討されてきた。OEM先の1社であったユーキと販売を担当していたアートを子会社化することで、販売力の強化を図る。

発表によれば、「ユーキとアートは全国1万3000店舗以上の販売店網を形成する大口OEM取引先の1社であり、両者が当社グループ入りする事で、販売網および販売ノウハウを取り込むとともに、物流・システムの統合等によるコスト削減が可能になる」ことから、ユーグレナは今回の子会社化を実施した。

また、同社は、「ユーキおよびアートとしても、グループの一員となることで、ブランド力や商品開発力を活用し、販売力の更なる強化を図ることが可能だ」としている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
NTTコムと大林組、IoTで建設作業員の安全管理 着衣型センサー活用、4月から実証実験へ
トヨタの2月生産台数が前年比で5.1%の微減
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
イオンが連結業績予想を発表、営業利益などで下方修正
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株をa上場前に買う2つの方法