ストレスチェック
(写真=Thinkstock/Getty Images)

NEC <6701> グループのNECソリューションイノベータは3月30日、企業のメンタルヘルス対策を支援する「メンタルヘルスケアサービス」の提供を開始した。労働安全衛生法改正による2015年12月からの「ストレスチェック制度」義務化に対応したもので、今後、重要視される企業のメンタルヘルス対策を支援していく。

従業員50人以上の企業の会社経営者や人事総務部門を対象に同社が実施したアンケート調査では、ストレスチェック義務化法の詳細まで認知しているとしたのは14.3%、ストレスチェックの実施状況は15%にとどまっている。

メンタルヘルスケアサービスは、「セルフチェック」「ラインケア」「セルフケア」の3つの側面から企業のメンタルヘルス対策を支援。これまで提供していたセルフチェックとラインケアに、新たにセルフケア機能を追加した。

セルフケアは、こころのケアに効果的とされる「認知行動療法」を基本に設計。一般社団法人認知行動療法研修開発センター理事長、大野裕氏と共同で開発した対話形式のスキルツールを採用した。従業員が困っていることや解決したい問題を入力すると、ツールが共感やねぎらいの言葉を交えながら問いかけを重ねるもので、従業員のメンタルヘルス支援を担う。

セルフチェックでは厚労省作成の簡易調査表をベースにストレスチェック機能を搭載。企業独自のアンケート項目も追加できるようにした。ラインケアではセルフチェック結果を集計。職場の状態を分析でき、改善策の立案などに役立てることができ、これらを組み合わせ利用することで、メンタルヘルス対策を総合的に支援していく。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
グノシーに続け!2015年は大型IPO目白押し!?今年上場が噂される企業10選
「負け組」不動産投資家になっていませんか?失敗する人の共通点
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
サラリーマン投資家急増 不動産投資で陥りやすい意外な罠とは?
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法