GM Will Sell Rest Of Its Stake In Suzuki To Raise Cash

(写真=Thinkstock/Getty Images)

スズキ <7269> は3月31日、イグニッションスイッチに不具合があるとして、「ワゴンR」など3車種12万5755台について、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た、と発表した。

対象となるのは、スズキ「ワゴンR」(ワゴンRプラス)(ワゴンRソリオ)と、スズキ「ソリオ」、シボレー「MW」の3車種11型式。1999年5月21日から2010年8月6日に製造された計12万5755台。

エンジン始動時に使うイグニッションスイッチで、接点部に使用するグリスが不適切なため、可動接点が固定接点から離れる際のアーク放電の熱で、グリスが炭化することがある。そのまま使用を続けると、発熱することでグリスが発煙し、最悪の場合には、火災に至るおそれがあるという。

改善措置として、スズキは全車両について、イグニッションスイッチを対策品に交換する。リコールの対象となる使用者に対してダイレクトメールや販売店を通じで案内し、修理を受けるよう呼びかけていく。

(ZUU online 編集部)

【関連記事】
値上げの4月、増税に年金目減りで家計負担重く
スズキが新型『アルト』を12月22日に発売
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
窮地に陥った「すき家」一転して黒字化を達成できた理由
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法