dv141035b

(写真=Thinkstock/Getty Images)

野村ホールディングス <8604> のグループ会社で、金融・資本市場や金融機関の制度などの研究や政策提言を行う野村資本市場研究所は4月1日、成長の著しいアジアの経済活動の中心地でもあるシンガポールに研究拠点を新設すると発表した。

同グループでは、アジアに基盤を置いたグローバル金融サービス・グループとしての地位確立のために、各国の資本市場やそれらの制度についての調査・分析や、調査をいかした競争力の強化を図っている。発表によれば、野村資本市場研究所は2006年には、中国の北京に駐在員事務所を開設し、現地での情報収集や発信にも取り組んできた。

さらに、今回設置される同研究所のシンガポール拠点は、ASEANを含めたアジア各国の金融・資本市場の情報の収集および発信を通じて、野村グループのビジネスを支援するとのこと。同グループが重要な市場だと位置づけるインドや、イスラム圏となる中東について調査、分析する役割も果たしていく見通しだ。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
【株初心者入門】賢い売り方で、損失を最小化?逆指値注文で損切りとは
日銀が量的金融緩和政策継続を発表、世界経済動向含め今後の動向に課題残す
日経新聞/日経MJ / 四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
窮地に陥った「すき家」一転して黒字化を達成できた理由
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法