ダイハツ工業

(写真=Thinkstock/Getty Images)

全国軽自動車協会連合会が4月1日発表した2014年度の軽自動車販売台数(速報値)で、ダイハツ工業 <7262> が9年連続で首位になったことが分かった。2位はスズキ <7269> で、その差は約8000台だった。

同会が発表した速報値によると、14年度の累計でダイハツが68万7393台、スズキの67万9357台を8036台上回った。次いでホンダ <7267> の38万1424台。前年度比でみると、スズキは5%増だったが、ダイハツは1.6%減、ホンダは12.2%減だった。

軽自動車全体の14年度新車販売台数では、217万3130台で前年度比3.9%減となり、4年ぶりのマイナスとなった。内訳は、乗用車が176万846台で前年度比3.3%減(4年ぶり減)、貨物車は41万2284台で同6.5%減。貨物車の内訳は、ボンネットバン2万2230台で同11.1%減、キャブオーバーバン18万9572台で同4.2%減、トラック20万482台で同7.9%減だった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
投資家に年利回り7%を提供する融資型クラウドファンディング投資の裏側
トヨタの2月生産台数が前年比で5.1%の微減
19年ぶり軽スポーツ車「S660」、ホンダ
窮地に陥った「すき家」一転して黒字化を達成できた理由
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法