東マレーシア
(写真=Thinkstock/Getty Images)

4月7日、国際石油開発帝石 <1605> は、東マレーシア沖合で合計約70メートルの油層を発見した、と発表した。

同社子会社であるインペックス南西サバ沖石油が保有するマレーシアサバ州沖深海R鉱区(以下、本鉱区)における試掘井 (Bestari-1号井、以下、本坑井)掘削の結果、複数の地層に渡って、合計約70メートルの油層があることがわかった。

本鉱区は、東マレーシア沖合に位置し、水深は 100 メートル〜1,400 メートル、面積は約672平方キロメートルの探鉱鉱区だ。 同社は、本鉱区の27.5%の参加権益を保有し、オペレーターのJX日鉱日石サバ深海石油開発(参加権益27.5%)、パートナーのペトロナス社の子会社であるペトロナスチャリガリ 社(参加権益25%)、サントス社(参加権益 20%)と共に探鉱事業を推進している。

今後は、オペレーターおよびパートナー各社と共に、本坑井で得られたデータ等の解析を進め 評価作業を行うとともに、予定している 2 坑の試掘井の掘削作業を進め、更なる石油・天然ガス の胚胎の可能性を調査する。

なお、インペックス南西サバ沖石油は独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構より同社が負担する探鉱費用の50%を上限に出資を得ることとなっている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
原油 日本経済に吹く「神風」金融緩和・円安・原油安はトリプルメリット
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!/a>
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
注目の水素ステーション&燃料電池関連銘柄10選!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法