ヤンゴン
(写真=Thinkstock/Getty Images)

4月13日、双日 <2768> と双日ロジスティクスは、ミャンマー・ヤンゴンの食品・生活消費財卸売会社であるプレミアム・ディストリビューション社(PDC社)との共同出資により、プレミアム・双日・ロジスティクス社(出資比率はPDC社60%、双日グループ40%、PSL社)を設立し、ヤンゴン市内に建設する3温度帯物流倉庫を拠点として、コールドチェーン物流サービスを開始すると発表した。

PDC社はミャンマーの小売・流通分野最大手のシティー・マート(CM)のグループ会社として、CMグループ内の食品卸売事業を担っており、約3000 社の顧客ネットワークを有する。CMグループは、ミャンマー国内にスーパーマーケット20店、ハイパーマーケット7店、 コンビニ45店にて小売事業を、また、ヤンゴン、マンダレー、ネピドー等の主要都市で食品・生活消費財の卸売事業を行っている。

双日は、CMグループをミャンマーにおける重要な事業パートナーと位置付け、2013年8 月に同グループとの資本業務連携契約を締結し、同グループにおける卸売オペレ ーションの近代化、海外輸入品の品揃えの充実化等、各種支援を推進してきた。

双日グループは、ミャンマーの5200万人規模の消費市場の急速な発展を背景として、冷凍・冷蔵食品に対する需要の高まりに対し、CMグループの販売網とPSL社のコールドチェーン物流事業を通じ、ミャンマーにおける卸から小売、外食産業までの食のバリューチェーン(サプライチェーン)を構築しようとしている。

同時に、PSL社はCMグループのミャンマー地方都市への積極的な展開に即応し、ヤンゴン、ネピドー、マンダレーを結ぶ主幹路線での長距離コールド物流定期サービスを開始する。

PSL社は、今後、ASEAN経済共同体の発足等により、ミャンマーと近隣諸国との流通が一体となって発展していくことが見込まれることから、ASEANや中国の物流分野で実績のある双日ロジスティクスの大メコン圏での物流ネットワークと連結させて、現在構築中のタイ-ミャンマー間、更に中国-ミャンマー間のコールドチェーン 越境物流も順次進める計画だ。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ヨンドシーHDが増収増益で過去最高益更新、シルバー・ブライダル・ジュエリー主軸で
北陸を巡るなら!富山・福井の宿 5選
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
ペンタブレットのワコム「電子サイン」時代の到来で大化けか?
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?