Wedding
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ブライダルジュエリーの販売やアパレル事業など展開するヨンドシーHD <8008> が4月13日、2015年2月期決算を発表した。営業収益は507億円(前期比3.5%増)、営業利益は54億円(同11.5%増)、経常利益は62億円(同10.2%増)、当期純利益36億円(同14.4%増)。営業利益と純利益は3期連続、経常利益は4期連続の過去最高益更新を達成した。

前期は消費税引き上げ後の消費引きしめ感から厳しい環境下にあったものの、シルバー系新素材商品の拡充と、若い女性をターゲットにした「4℃BRIDAL」「canal 4℃」ブランドの積極出店が功を奏した。

一方、三鈴の不採算店舗の圧縮と経費削減効果がではじめているものの、アパレル部門とファッション事業は引き続き不調で、営業利益ベースで二ケタの減益となった。

同社のシルバージュエリー部門は、営業利益の約9割を占めており、今後もこの分野での拡大がポイントとみられる。今期予想は、引き続き最高益更新を見込み、営業収益525億円(前年同期比3.5%増)、純利益41億円(同12.6%増)とする。

また、2015年2月期下期配当を16円とし、年間配当を32円とする(前期比2円増配)。次期の配当は、8円増配の年間40円の予定。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
楽天がスマホ向けファッション誌を創刊
2015年フォーブス 世界大富豪ランキング「女性」トップ10の傾向は?
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
注目の水素ステーション&燃料電池関連銘柄10選!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法