ドンキThinkstockPhotos-78807889

(写真=Thinkstock/Getty Images)

「ドン・キホーテホールディングス」 <7532> 傘下のドン・キホーテは5月11日から6月30日までの期間限定で、外貨によるレジ精算サービスの提供店舗を国内のドン・キホーテ全店(254店)に拡大する。

中国元・台湾ドル・韓国ウォン・タイバーツ・香港ドル・米国ドル・ユーロの外貨7通貨による精算を可能にする。同社は、今年2月18日から訪日外国人観光客へのサービス拡充を目的に、外国人観光客の利用が特に多い23店舗で外貨によるレジ清算サービスを開始していた。

主に訪日外国人観光客向けのサービスだが、円安が進んでいることなどから「海外旅行や出張などで残り、タンスに眠った外貨を使いたい」という国内利用者の声に対応。期間限定ですべての利用者が日本円と合わせて外貨7通貨を利用できるようにする。

紙幣のみの取り扱いで、おつりは日本円になる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
関空、爆買い観光客で好調でも頭を悩ます「運営権問題」とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
今年はゆうちょやLINEの株も購入可能?直近2年で勝率82%以上の「IPO株」とは
日本の観光競争力、世界9位に上昇
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?