日本観光力ThinkstockPhotos-453065321

(写真=Thinkstock/Getty Images)

世界経済フォーラム(WEF)が5月6日発表した2015年の「旅行・観光競争力指数」で、日本が世界総合9位となった。前回13年調査では14位だった。

調査は世界141の国と地域が対象。日本は鉄道インフラや顧客への接遇面、従業員トレーニング、文化面での観光資源の豊富さなどが評価されたほか、安全面での評価も高かった。一方、空港手数料や燃料価格などの価格競争力では低評価だった。

総合順位の1位はスペイン。次いでフランス、ドイツ、アメリカ、イギリスの順だった。アジアでは香港が13位、中国が17位などだった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
関空、爆買い観光客で好調でも頭を悩ます「運営権問題」とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
今年はゆうちょやLINEの株も購入可能?直近2年で勝率82%以上の「IPO株」とは
後ずれする「インフレ目標」本当に達成できるのか?
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?