Latest Electronic Games Debut At E3 Expo
(写真=Thinkstock/Getty Images)

任天堂 <7974> は5月7日、2015年3月期の決算を発表した。連結営業利益は247億円で、前年同期の464億円の赤字から、4年ぶりの黒字となった。「ポケットモンスター」や「大乱闘スマッシュブラザーズ」などソフトウェアでヒット作に恵まれ、特に海外で業績を伸ばした。

売上高は前年比3.8%減の5497億円、経常利益は705億円、純利益は前年同期の232億円の赤字から418億円の黒字となった。

ハードウェアの販売数量は873万台。携帯ゲーム機の新型「Newニンテンドー3DS」などは順調だったが、発売前に従来型の販売が低調だった。ソフトウェアでは「ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア」が994万本、「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo3DS」が675万本など、ヒットを記録。ソフトウェアの販売数量は6274万本だった。

売上高5497億円のうち、海外売上高4147億円、海外売上高比率75.4%と、特に海外で順調に推移した。全世界での販売数量はハードウェアが338万台、ソフトウェアが2440万本となった。円安の影響も寄与し経常利益や純利益も増えた。

2016年3月期の見通しについては、スマートフォン向けのゲーム配信を年内に予定していることなどから、売上高は3.7%増の5700億円を見込む。営業利益は約2倍の500億円、最終利益は16.4%減の350億円を想定している。
(ZUU online 編集部)

【関連記事】
日本の観光競争力、世界9位に上昇
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
今年はゆうちょやLINEの株も購入可能?直近2年で勝率82%以上の「IPO株」とは
企業オーナー必見「長期平準定期保険・逓増定期保険」のメリット・デメリット
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?