au
(写真=Thinkstock/Getty Images)

KDDI<9433> は5月12日、2015年3月期の連結決算を公表した。営業利益は前期比11.8%増の7412億円で、過去最高益を更新した。au累計契約数の増加などでデータ通信料収入などが増え、増収増益につながった。

売上高は前期比5.5%増の4兆5731億円。経常利益は13.5%増の7524億円、当期純利益は32.9%増の4279億円だった。

auの累計契約数は4347万件となり、前年同期の4052万件を上回った。新規契約が増えたことと解約率が低水準で推移したことで、純増数は235万件となった。スマートフォンなど携帯電話と指定の固定通信サービスを契約することで携帯電話料金が割引になる「auスマートバリュー」が好調。データ通信料収入や端末販売収入が増えたことで収益が上がった。

16年3月期から会計基準を変更し、国際会計基準(IFRS)を採用。営業利益は8200億円、売上高は4兆4000億円、当期利益は4900億円の見通しとした。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
1億ドル超えも?世界のスポーツ選手長者番付トップ20
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報など全て閲覧可!?ネット証券は『情報の宝庫』
湖池屋が「朝食用ポテチ」を発売、「もも」と「バナナ」味
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?