富士フィルムThinkstockPhotos-490311475 (写真=Thinkstock/Getty Images)

富士フイルムホールディングス <4901> の富士フィルムは5月13日、米国の販売子会社を通じて米国医療ITシステムメーカー「テラメディカ社」を買収した、と発表した。CTやMRIなどで撮影した診断画像など異なるメーカーの医療画像情報システムを一括管理するシステムの普及に取り組む。

5月11日から富士フイルムグループの100%子会社として活動を新たにスタートさせた。今回、買収の対象となったテラメディカ社は2001年に設立。アメリカの大手病院と協力して、異なるメーカーの医療画像情報や診療科ごとに管理されている多様な診察情報を一括して管理できるシステム(VNA)を開発。システムは03年から販売を開始し、世界で300以上の病院に導入されているという。

富士フイルムは、13年からアメリカでテラメディカ社と販売提携を行い、同社VNAの導入を進めてきた。子会社化することで、VNAの導入をより加速させるとともに、病院間の診療情報を連携させるシステムを構築していく。

富士フィルムは医療IT事業として、医用画像情報システム「SYNAPSE(シナプス)」を中心に、循環器画像システムや内視鏡・超音波情報管理システムなど、放射線科以外の情報システムも広く提供している。テラメディカ社のVNAと、富士フィルムの情報システムを組み合わせることで、より効率的な製品・サービスの提供に寄与していく考え。

富士フィルムは発表資料で「ビッグデータ化する診療情報の活用を推進し、医療現場のさまざまなニーズにこたえる、幅広い製品・サービスを開発・提供することで、さらなる診断の効率化と医療の質の向上、人々の健康の維持増進に今後も貢献していきます」としている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
1億ドル超えも?世界のスポーツ選手長者番付トップ20
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報など全て閲覧可!?ネット証券は『情報の宝庫』
健康コーポ「RIZAP」で驚異の成長、今期営業利益も 137%増!
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?