ワールドThinkstockPhotos-183392345 (写真=Thinkstock/Getty Images)

アパレル大手のワールド(非上場)が5月18日、2016年3月期(2015年度)中に、不採算の店舗約400〜500店舗を閉鎖すると発表した。約100種類あるブランドも10〜15を廃止する。具体的なブランド名は公表していない。

外資系「ファストファッション」の流入などで衣料品の低価格化が進んでおり、不採算店舗などを見直すことで収益性を改善させる。ほかに収益力を向上させるため、インターネット販売の電子商取引(EC)事業を強化する。17年3月期に連結営業利益100億円を目指す。

同社が同日発表した15年3月期の連結売上高は前の期比3.5%減の2985億円、営業利益は43.4%減の52億円だった。純利益は120%増の45億円。16年3月期の業績予想は公表していない。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
躍進するグローバルEコマース化でビジネスチャンスを掴む
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
1億ドル超えも?世界のスポーツ選手長者番付トップ20
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法