ホンダHonda Recalls Over 2 Million Vehicles Due To Transmission Problems (写真=Thinkstock/Getty Images)

タカタ <7312> 製エアバッグの欠陥問題を受けて、ホンダ <7267> は5月28日、新たに33万8728台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。対象は「フィット」「フリード」など。

タカタが今月、米運輸省に対して製品の欠陥を認め回収などの対策をすることで同意したことを受けての措置。

対象範囲を2008年製造の車両まで拡大した。届け出資料によると、いずれもけがや事故の報告はない。助手席や運転者席用のエアバッグでインフレータ(膨張装置)に不具合がある可能性があり、エアバッグ展開時に破損して構成部品が飛散し、負傷する可能性がある。約33万台のうち、一部については「予防的措置」としてすでに届け出ていたが、内容を変更した。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
トヨタとマツダの提携で見える国内自動車メーカーの「合従連衡」
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
4月の小売販売額は前年同月比5.0%増、経産省
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法