画像2
フィデリティ投信株式会社が5月15日、投資家セミナーを開催した。会場となったパレスホテル東京には、300名近い投資家が来場する盛況ぶりとなった。

同社ポートフォリオ・マネージャーの、ハーリー・ランク氏とスティーブ・ビューラー氏が、それぞれ米国ハイ・イールド債券市場と米国REIT市場についての見通しを語った。


好調な米国ハイイールド債券のパフォーマンス

現在、米国ハイ・イールド債券の市場は2兆米ドル(1ドル120円、240兆円)まで膨らんでおり、世界中の投資家が注目している主流の投資対象となっている。

ハーリー・ランク氏は、その理由として米国ハイ・イールド債券の過去30年間の年間騰落率の推移(1986年8月〜2015年3月末)をあげ、「1度たりとして2年連続でマイナスになったことがない」と、非常にパフォーマンスが良い点をあげた。

さらには、「50%は、2桁のリターンを提供している」とし、高クーポンにより、リターンは高く、下落リスクも押さえられる非常に優れた投資対象であると述べた。