情報漏えい
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日本年金機構は6月1日、保有している個人情報が流出していたことが5月28日に判明したことを明らかにした。国民年金関連の事務や厚生年金保険の標準報酬月額を決める組織であることから、機微性の高い情報が流出したことになり、管理体制が問われそうだ。

発表によれば、今回、同機構から流出した個人情報は125万件。流出した情報としては、基礎年金番号、氏名、生年月日、住所など。

同情報漏えいの原因について、日本年金機構によれば、機構のパソコンでウイルスを埋め込んだ電子メールを開封したことにより、パソコンが感染。同ウイルスを通じて不正なアクセスが行われ、情報が流出したものと認められるとしている。

また、同機構では、対応として、今回の流出の対象となった顧客に対して、システム上で、自身の情報が流出したかどうか確認できる体制を確立し、該当者の基礎年金番号を変更するとのことだ。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
JTタバコ事業強化へ なぜ人気商品「桃の天然水」から撤退したのか?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
5月新車販売は7.6%減、軽自動車落ち込む
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法