金沢駅
(写真=Thinkstock/Getty Images)

6月2日、楽天 <4755> と富山銀行 <8365> は「楽天市場」の出店店舗として、富山銀行の取引先を紹介するビジネスマッチングに関する業務提携契約を締結したことを発表した。

この提携により、富山銀行と楽天が協力して出店提案することで、地元企業、事業主の新しい販売チャネル構築を支援し、地元経済の活性化を図る。

同日、楽天は金沢市と「インターネットを活用した連携協力に係る協定」を締結したことを発表した。こちらも同様に金沢市と楽天が連携し、地域経済の活性化を狙う。金沢市は北陸新幹線開通後、北陸地域の観光やビジネスの中核拠点としての注目が高まっており、この取組みにより同地域における経済のさらなる発展を目指すとのこと。

なお楽天は、2015年3月に北陸地域(富山県、石川県、福井県)の統括拠点として金沢支社を開設しており、同地域での活動を強化している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
18年ぶりの水準に回復した「雇用環境」から見えるものとは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
「ディズニー vs USJ」2015年はどちらに軍配?
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法