チョコレート
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ロッテ(本社・東京都新宿区)は6月3日、「ガーナミルク」などチョコレート製品8品目を、7月14日発売分から10%程度値上げする、と発表した。原材料価格が高騰しているため。

対象商品は「ガーナミルク」「アーモンドチョコレート」など8品目。「ガーナミルク」「クランキー」など5品目は想定小売価格(税抜き)で現在の100円から110円に引き上げる。「アーモンドチョコレート」「マカダミアチョコレート」など3品目は200円から220円に値上げする。

チョコレートでは、明治ホールディングス <2269> 傘下の明治と、森永製菓 <2201>もカカオ豆など原料価格の高騰で、7月からの値上げを予定している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
【FX戦略デイリー】赤の縮小と緩やかなベージュ
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
腎臓がん特効薬への期待?なぜ米エクセリシス株は急上昇したのか?
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法