三菱MRJ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

三菱航空機と三菱重工業 <7011> は6月8日、開発を進めている国産の近距離飛行向けの小型ジェット旅客機(リージョナルジェット機)「MRJ」の走行試験を開始することを明らかにした。国産旅客機の飛行開始に向けて、また前進した格好だ。

両社はかねてより国産のリージョナルジェット機の開発を進めており、同航空機は80席前後の座席数の次世代民間旅客機。発表によれば、現在の受注機数は407機で、そのうち223機が確定しているとのこと。

また、昨年10月に、MRJのロールアウト式典が行われた経緯があり、今年の9月ないしは、10月の初飛行を目指している。当初は今年6月にもMRJの初飛行が行われる見通しだったものの延期した経緯もあり、今後の開発スケジュールも遅れないかにも注目だ。

両社はほかにも「各種地上試験や量産段階への移行準備など一体となった事業展開を進めている。今後も、航空業界の一翼を担いつつ、MRJプロジェクトの成功に向けて取り組む」などとしている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
伊勢志摩で16年サミット開催へ 首相、自然や伝統重
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
IoTもシステム効率化も、進行続くクラウド化
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法