コミュニティ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

東京急行電鉄 <9005> は6月16日、賃貸住宅「スタイリオ」シリーズとして、コミュニティ型賃貸住宅「スタイリオ元住吉II」を開業すると発表した。

発表によれば、同物件1階には、共用空間として大型のキッチンを完備した共用ラウンジを設置。入居者間でシェアして利用することで、新たなコミュニティが生まれる可能性がある。

また、同1階には、デイサービス「オハナ元住吉」、川崎認定保育園「みらいっこぷち」を誘致。多様な世代のニーズを満たす施設になっているとのことだ。ほかにも、建物の東側には車両基地(元住吉検車区)が隣接しているとのこと。

同社は「今後も、東急線沿線において、さまざまな暮らし方を提案することで、より幅広い顧客が満足できる賃貸住宅を提供し」、東急線沿線地区のコミュニティ活性化を図るとしている構えだ。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界「ブランド価値」ランキングTOP100 日本から選ばれた5社とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
高金利通貨南アフリカランドの魅力とリスク・経済と内紛の不安
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法