Toyota Recalls 1.5 Million Cars Worldwide (写真=Thinkstock/Getty Images)

トヨタ自動車 <7203> のアメリカ法人は6月16日、タカタ <7312> 製エアバッグの欠陥問題を受けて、アメリカでリコール(回収・無償修理)を136万5千台追加すると発表した。

タカタが5月に米運輸省の高速道路交通安全局(NHTSA)とリコールの範囲拡大について合意したことに対応し、地域を限定していた助手席側のリコールを全米に広げるため。

リコールの対象となるのは2003年から07年に製造された「カローラ」や「カローラマトリックス」「ツンドラ」「セコイア」、レクサスの「SC」。

トヨタがタカタ問題をめぐりアメリカでリコールする車両の数は291万5000台となる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
韓国で流行しているMERS、パンデミックの兆し
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
トヨタが今夏に「元本保証株」を発行、「AA型種類株式」の仕組みとは?
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る