Power plant using renewable solar energy with sun
(写真=Thinkstock/Getty Images)

電力変換の技術革新を進める半導体新興企業トランスフォーム・インクは23日、大手グローバル投資会社KKR率いる投資コンソーシアムから7000万米ドル(約86億円)の投資を受けたことを発表した。調達した資金は技術革新、事業拡大に活用していく。

トランスフォームは、電気エネルギー変換市場に向け、窒化ガリウム(GaN)ソリューションを開発、提供。新しい半導体素材GaNを用いることで、電力変換の際に生じる全電力喪失量の40%を排除することが可能になり、大幅な省エネにつながる。また太陽光パネルや電気自動車向けモーターデバイス、インバータの設計と製造を簡素化する。

江坂文秀CEOは「当社製品により、大量の電力を使用する典型的なデータセンターでは年間、一般家庭1000軒分の年間消費電力量相当が削減されている。国内外に最先端のシステムを提供するにあたって、KKRの支援を得られることは喜ばしい」と話している。

【関連記事】
「シニア起業」支援で社会を変える、若き女性経営者の想いとは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
14年度のスマートデバイス出荷台数は過去最高の3,683万台―ICT総研
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る