ThinkstockPhotos-469987505
(写真=Thinkstock/Getty Images)

東洋エンジニアリング <6330> は23日、パシフィコ・エナジー古川合同会社が宮城県大崎市に計画している大規模太陽光発電所を受注したと発表した。発電容量は56.87メガワットで、完成は2016年末の予定。全量が東北電力に販売される。

東洋エンジニアリングはすでに、岡山県瀬戸内市(230メガワット)、宮崎市(96メガワット)などの大型太陽光発電所の建設工事を進めている。今回の受注によって合計458メガワットの大型太陽光発電所プロジェクトを受注したことになる。

【関連記事】
「シニア起業」支援で社会を変える、若き女性経営者の想いとは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
14年度のスマートデバイス出荷台数は過去最高の3,683万台―ICT総研
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る