ディスプレイ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

コニカミノルタ <4902> は6月24日、アメリカの大手ディスプレイ検査システムメーカーを買収することで合意したと発表した。産業用材料・機器事業の計測機器分野で事業基盤を強化する。

コニカミノルタがアメリカの大手ディスプレイ検査システムメーカーRadiant社の全株式を取得する。関係当局の審査後、8月に買収が完了する予定。

Radiant社は顧客の要望に応じてカスタマイズした検査システムを開発、提供している。システムの高い信頼性や使い勝手のよさなどでも高評価を得ている。

デジタル製品が高度化、複雑化していることから、製品の最終品質に関わるキズや欠陥を正確に検出する技術に対する需要も伸びているという。コニカミノルタはこの買収を契機に、Radiant社が得意とする高速生産ラインや外観検査システムと、コニカミノルタの持つ色測定の独自技術を合わせることで、急成長が見込まれる製造検査領域への参入を推進する。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
三菱東京UFJ、「ワンタイムパスワード」を必須へ
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
5月企業向けサービス価格指数、前年比0.6%増
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る