なでしこジャパン
(写真=Getty Images)

7月2日、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)は、イングランド女子代表とFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015準決勝で対戦。2-1で勝利した。

前半33分に有吉佐織が倒されて獲得したPKを、キッカーの宮間あやが落ち着いて決め先制した。だが、前半40分には大儀見優季がペナルティエリア内でファウル、今度は逆にイングランドに決められて同点に。

一進一退の攻防を繰り広げ、延長戦にもつれ込むかと思われた後半終了間際、右サイドの川澄がグラウンダーのクロスを入れると、相手DFのクリアがそのままオウンゴールとなり、幸運な形で勝ち越しゴールを決めた。

土壇場で勝利をもぎ取った日本代表は、ワールドカップ連覇をかけて7月5日(日本時間7月6日)に開催される米国との決勝戦を迎えることになった。

【関連記事】
マクドナルドの「母親目線」は正しいのか
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ギリシャへの金融支援失効、IMF「債務返済されず」
NTTの上場を超えるか?ゆうちょ銀行、かんぽ生命、日本郵政の上場に迫る