McDonald's Retains Rank As Largest Single Restaurant Brand In The World According To 2012 Sales Report
(写真= Thinkstock/Getty Images)

日本マクドナルドホールディングス <2702> は7月8日、6月の月次動向を発表した。既存店売上高は前年同月と比べ23.4%減り、マイナスは17カ月連続となった。減少率は5月の22.2%減から拡大した。減少幅の拡大は2カ月連続。

開店後13カ月未満の店舗を含む全店売上高は前年同月比23.5%減で、減少幅は5月より拡大した。既存店ベースでの客数は10.4%減と26カ月連続のマイナス、客単価は14.5%減と12カ月連続のマイナスとなった。

客数の減少幅は5月の14.2%減から縮小したが、客単価の減少幅は5月の9.3%減から拡大した。

マクドナルドでは今年1月に商品への異物混入問題が発覚するなど、売上高や客数の低迷が続いている。同社によると、いまだに問題の影響が継続しているものの、新メニューの追加などリカバリープランのの実施で、客数は改善傾向にあるという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ガソリン店 頭価格、11週連続の値上がり
日本人大富 豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・ 四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
バフェット 、ソロス…伝説の投資家「相場金言」10選!
NTTを超え る数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る