牛丼
(写真= Thinkstock/Getty Images)

吉野家ホールディングス <9861> は7月9日、2016年2月期第1四半期(2015年3〜5月期)を発表した。売上高は前年同期比3.4%増の458億円だったが、営業利益は同比58.9%減の3億6300万円だった。円安と食材価格の高騰で調達コストが上昇し、減益となった。

経常利益は前年同期比36.7%減の5億9700万円、純利益は同比54.5%減の2億5300万円だった。

業態別でみると、牛丼の「吉野家」が売上高が前年比1.8%減の228億円、営業利益は前年比39.9%減の5億2600万円だった。牛丼の値上げで客数が減少したことに加え、原材料価格の高騰が影響した。

セルフ式うどん店を展開する「はなまる」は店舗数の増加などで増収増益を確保。海外事業も台湾で既存店売上高が順調に推移するなど増収増益となった。

2016年2月期通期の業績見通しは据え置いた。売上高は前年同期比2.8%増の1850億円、営業利益は14.7%減の30億円、純利益は15%減の80億円の見通し。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
中国の株価急落をどう見るか?
日本人大富 豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・ 四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ホンダが163万台追加リコール、タカタ問題で
NTTを超え る数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る