トヨタ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

トヨタ自動車 <7203> は7月15日、ハイブリッド車「プリウスα」について、電気装置に不具合があるとして、合計34万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

発表資料によると、ハイブリッドシステムで制御ソフトが不適切なため、電力変換器の昇圧回路用素子が損傷する可能性がある。ハイブリッドシステムが停止し、走行不能となるおそれがあるという。これまでに事故の発生はないという。

対象となるのは2011年2月から14年11月にかけて製造された「プリウスα」の34万1777台とダイハツ「メビウス」の624台。使用者にはダイレクトメールなどで通知し、制御ソフトを修正する。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
大人気『プレミアム商品券』の裏で混乱を招く自治体の「見通しの甘さ」
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
コーヒーブームで「お洒落倉庫」が今アツい!
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る