キャノン
(写真=Getty Images)

キヤノン <7751> は8月4日、デジタルカメラと交換レンズの生産技術力を強化するため、大分キヤノンの安岐事業所内に総合技術棟を新設すると発表した。2016年年内の稼働を予定している。総投資額は約133億円。キヤノンでデジタルカメラ生産の中心的な役割を担う大分キヤノンの生産技術力を強化することで、高性能・高品質な製品を提供を目指す。

デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、EFレンズなどを生産する大分キヤノンが新設する。デジタルカメラや交換レンズは製品の高度化が進んでおり、高性能かつ高品質な製品を生産するため、キヤノンは生産の国内回帰や内製化を進めている。

新設する総合技術棟の延べ床面積は1万9700平方メートル。2016年年初に着工予定。総合技術棟には生産技術部門、製品技術部門、生産工機部門などを集結し、効率性の高い生産体制の確立を目指す。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
あなたはどう?「上場企業の時給ランキング」
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
過去最大級の時価総額10兆円超?日本郵政3社の上場(IPO)に迫る