オンライン取引
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ソフトバンク <9984> と損保ジャパン日本興亜は8月7日、携帯電話から保険に加入できるサービスである「ソフトバンクかんたん保険」で、6つの新プランの保険の提供を開始することを明らかにした。

発表によれば、「ソフトバンクかんたん保険」は同社の携帯端末から保険に加入できるサービスで、2010年末から提供されてきた。当初の提供保険商品は、「海外旅行保険」「スポーツ・レジャー保険」「国内旅行保険」「ゴルファー保険」などとなっていた。

両社はこのほど、従来から提供してきた保険の品揃えに加えて、自転車保険などの提供を開始。発表によると自転車事故に伴う高額な賠償が問題となっているとのことで、自転車事故や日常生活における損害賠償事故を、月額330円の費用で、補償する。

また、両社は今回、「毎日あんしん保険」「子供のあんしん保険」「女性のあんしん保険」「スポーツ・レジャー保険(月額)」「ゴルファー保険(月額)」の提供を開始。ラインナップを拡充した。

インターネットを通じた保険商品の販売などは、IT分野からの事業機会のある分野だとみられており、今後、新たな新規参入が起こったり、新たな販売手法が登場したりする可能性もありそうだ。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ハンバーガーセットが4,600円!?世界一食事代が高い都市はココだ!
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
過去最大級の時価総額10兆円超?日本郵政3社の上場(IPO)に迫る