石油
(写真=Thinkstock/Getty Images)

東燃ゼネラル石油 <5012> は8月11日、オーストラリアの港湾サービス・物流大手のキューブ社と、合弁会社を設立したと発表した。石油製品貯蔵設備を建設し、現地で石油製品の販売も開始する。

発表によると、合弁会社は東燃ゼネラルとキューブ社が子会社を通じてそれぞれ50%を出資する。合弁会社では、石油製品貯蔵設備はニューサウスウェールズ州のポートケンブラに2017年央から年末にかけて建設し、最大容量23万キロリットルを予定する。

オーストラリアの石油製品輸入市場は拡大傾向にあることから、オーストラリアでの販売ネットワークを確立させる考えで、東燃ゼネラル石油は海外事業の拡大を図る。

上記石油製品貯蔵設備の建設などで、投資額は2016年から17年にかけて約1億5000万豪ドル(約140億円)になる見通しという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
旧帝大等のエリート学生の就職人気企業ランキング、上位は「あの業界」が独占
時価総額過去最高?日経平均への影響も予見される郵政3社の上場に迫る
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?