ほぼ日手帳
(写真=Thinkstock/Getty Images)

糸井重里「ほぼ日手帳」が9月1日に発売される。コピーライターであり、エッセイストでもある糸井重里氏がプロデュースする手帳である「ほぼ日手帳」の2016年版がラインナップを拡充して登場する。東京糸井重里事務所が8月21日に明らかにした。

「ほぼ日手帳」は、発表によれば、2015年版で過去最高となる販売部数55万部を販売。15年版の同手帳では、ゲーム「MOTHER 2」のコラボレーションカバーを採用。 また、「MOTHER 2」の新作カバーを昨年は採用したことで、海外への出荷も350%の伸びを記録したという。

半年タイプの手帳として2冊がセットになった分冊版「avec(アヴェク)」も展開するなど、新しい取り組みも続けてきた。

同社は、2016年版については、ラインナップ数を82種類に拡充する予定で、「手帳の本体はユーザーの声を聞きながら、毎年改良を重ねている。毎年新たな挑戦をしている手帳カバーのデザインも年々ファンが増加するきっかけとなっている」とコメントしている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
日経平均、大幅続落で2万円割れに 下げ幅300円超
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】