トヨタ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

トヨタ自動車 <7203> は8月21日、プラグインハイブリッド車を含むハイブリッド車のグローバル累計販売台数が、2015年7月末までに804万8400台となり、800万台を突破したと発表した。昨年9月末に700万台を突破してから約10カ月で800万台超えとなった。

トヨタは、1997年8月に日本でコースターハイブリッドEVを発売し、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売。環境への対応を経営の最重要課題の1つと位置付け、ハイブリッド車の普及に取り組んできた。

直近の1年間では新型エスクァイアや新型シエンタをはじめ3車種で新たにハイブリッドモデルを投入。今年7月末現在で、ハイブリッド乗用車30モデル、プラグインハイブリッド車1モデルを、合わせて約90以上の国・地域で販売している。

また、今秋にはRAV4ハイブリッドを米国で、今年中には中国産ハイブリッドユニットを搭載したカローラハイブリッド、レビンハイブリッドを中国で発売予定。トヨタ自動車は「引き続き更なるラインナップの拡充、販売地域の拡大に努めていく」としている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
日経平均、大幅続落で2万円割れに 下げ幅300円超
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】